お水のお仕事体験談


夢のために

私は横浜でキャバ嬢として働いています。特にお金に困っているというわけではありませんが、若いうちに高収入を目指すならお水や風俗で働いたほうがいいと思ったからです。お金ってありすぎて困るということは絶対に無いし、いつ何があるかもわかりません。私の夢は、大好きな人と結婚して、夫を定年前に退職させて元気なうちに一緒にいろいろな経験をすることです。キャンピングカーを買って全国をのんびり回ったり、世界中を回ったり、思う存分二人で楽しみたいと思っています。そのためには、密かに莫大な貯金を作っておきたいと考えて働くことにしたんです。風俗でも良かったんですけど、やっぱり性病とか怖いというのがあって、キャバクラにしました。昔からおじちゃんたちにモテるタイプだし、物怖じせずに話したり出来るから、向いてるんじゃないかなって思ったので。実際、働き始めてから今まで、特に大きなトラブルもなく、毎月結構な金額を貯金出来ています。お金目当ての男に引っかからないように、結婚相手には貯金は内緒にしておくつもりです。